×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

少年野球の投手の指導方法と投げ方について

野球の投手は肩を壊さないようにトレーニングしないといけないわけですが、少年野球の指導の仕方も怪我をさせないようにしなければなりませんね。

特に投手の指導となると気を使わないと大変なことになるかもしれません。

まずは、ピッチャーの投げ方を正しいフォームで投げられるようにしないといけませんね。
そのためのピッチャーの練習方法に工夫が必要です。

何も世界最速のピッチャーを目指してトレーニングさせるわけではないでしょうから、本当ならじっくりと指導していきたいのですが、あまり単調な練習ばかりでは飽きてしまうので、難しいところです。

少年野球の指導と筋肉トレーニングについて

少年野球の指導をするときに、ピッチャーに筋トレをやらせているかもしれませんが、目的はどういったものでしょうか?

野球のピッチャーは、筋肉トレーニングをすれば球速がapするからと思って筋トレをやらせているのでしょうか?

もちろん、間違ってはいませんが、間違った方法でトレーニングをさせていては、怪我をさせるだけでなく、身体の成長に支障をきたす恐れがあります。

ピッチャーには必要な筋肉と必要でない筋肉があるので、意味の無いマシンを使ったトレーニングはやめた方がいいです。

出来れば、専門家の指導の下トレーニングをするのが理想ですが、そうも行かない場合は、指導者がかなりトレーニングの勉強をする必要があります。

少年野球の指導とスピードボールの投げ方について

少年野球の指導で、ピッチャーがスピードボールを投げるための投げ方とか、剛速球の投げ方というのがあると思いますが、そういうことは意識せずに指導したほうがいいと思います。

もちろん、剛速球を投げたいと思う少年もいるのですが、やはり、正しいフォームで投げる投げ方を指導していきたいものです。

基礎がしっかりと出来ていれば、身体がしっかりと成長した後にトレーニングで球速がアップするはずです。

もちろん、基礎だけを指導するのは、つまらないことですので、選手とよく話し合って、プロを目指したいという少年には、我慢してもらうしかないかもしれませんね。

話しはかわりますが、ソフトボールのピッチャーも投げ方は野球と違いますが、基礎を大事にすべきだと思います。

Copyright © 2009 少年野球の投手指導の仕方

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

歌舞伎